岐阜大仏 02

 

こちらから見ると 小指がス―っと伸びているのが よくわりますね

 




首の後ろに見える六尺大眞柱を 背骨のようにして
 
木と竹で骨組みが作られており
粘土、お経が書かれた和紙、漆、

そして仕上げに金箔が貼られた「かご大仏様」



建設当時 岐阜に大勢いた和傘や提灯の職人さん達が 


現場の中心になって奮闘していたんでしょうねぇ












にほんブログ村 建築デザイン 人気ブログランキングへ

It comments.










Track back Url of this Article
http://kenpic.jugem.jp/trackback/153
Track Back